2019.4.23

Selim Slive Elementz 第2弾 Live Recording音源 Ultra Vybeより発売

Selim Slive Elementz

エキサイトイズムで大好評連載中「ジャズ名盤講座」の小川隆夫氏の率いる「Selim Slive Elementz」 2作目アルバムのLive Recording @ JZ BratがUltra Vybeから発売される。

7月に先行シングル盤(45回転レコード)の発売と配信、8月にフルアルバム(CD)の発売と配信、
その後LPとカセットテープも発売予定となっている。

国内だけでなくヨーロッパでのリリースも予定されており、リリース後には首都圏でのライヴとツアーが行われる。

Selim Slive Elementz
セリム・スライヴ・エレメンツ
マイルス・デイヴィスと交流のあった音楽ジャーナリスト 小川隆夫が、quasimodeのリーダー 平戸祐介と手を組み、quasimode、SOIL & ”PIMP” SESSIONS、cro-magnon、MOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO等から集めた精鋭プレイヤーたちと結成した、マイルス・ミュージックの遺伝子を受け継いだスーパー・ジャム・バンド。

バンド名の由来は「もしマイルスが生きていたら、こんな音楽をやっているに違いない」という思いから、SelimはMilesの逆綴り(マイルスのアルバム「Live-Evil」にも同名の曲あり)、SliveはLives の変化形、そのElementsと言う意味が込められている。

小川隆夫
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ
ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

blog.excite.co.jp/ogawatakao/page/2/

ニュース一覧