2019.1.21

3月22日(金)公開 スパイク・リー最新作『ブラック・クランズマン』

黒人刑事が KKK に潜入捜査するまさかの実話!!TOHO シネマズ シャンテほか全国公開
ブラック・クランズマン

第71回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞!本年度アカデミー賞の大本命!
第76回ゴールデングローブ賞作品賞・主演男優賞・助演男優賞・監督賞 4 部門ノミネート!

アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスで唯一採用された黒人刑事ロン・ストールワースがひょんなことから新聞に載っている KKK のメンバー募集広告に勢いで電話をかける。自ら人種差別主義者であることをアピールし、入団を希望。面接にまで進んでしまうが、対面では流石に黒人だとバレてしまうため、急きょ、同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンに白羽の矢が立つ。電話で話を進めるのはロン、対面はフリップと二人で 1 人の人物になりすまし過激派団体の悪事を暴く。人種差別問題が過熱するアメリカを背景に前代未聞の潜入捜査が始まる―!!

第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した『万引き家族』の次点となるグランプリを受賞し話題が沸騰。全米ではロッテントマト95%フレッシュを獲得し、各メディアが大絶賛!

主演のロン・ストールワースを演じるのは名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン。デンゼル・ワシントンがその名を知らしめた傑作『マルコム X』で映画デビュー、そして奇しくも同じスパイク・リー監督作品の本作で主演として脚光を浴びる。ロンの相棒フリップ・ジマーマンを『スター・ウォーズ』シリーズ新 3 部作でカイロ・レン役を演じ、『沈黙 -サイレンス-』、『パターソン』などで演技に定評のあるアダム・ドライバーが演じる。監督、脚本、製作のスパイク・リーに加え『セッション』のジェイソン・ブラム、そして『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督とアカデミー賞最強布陣が製作に名を連ねる。

監督・脚本:スパイク・リー 製作:スパイク・リー、ジェイソン・ブラム、ジョーダン・ピール
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライバー、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンほか ユニバーサル作品 配給:パルコ 宣伝:スキップ&NPC
2018 年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:BlacKkKlansman/映倫:G 指定

3月22日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国公開

ニュース一覧