2019.2.12

Bang & Olufsen、ワイヤレス充電ケース付き新型 Beoplay E8 2.0

Beoplay E8 2.0

優れたサウンド、高品質な素材を用いた美しいデザイン、そしてイヤフォンを直感的にタッチすることで音楽、通話、音声コマンドを完璧にコントロールできる機能を備えたBang & Olufsen初の完全ワイヤレスイヤフォンBeoplay E8は、サウンドとデザインに妥協することなく完全ワイヤレスという自由を手に入れたい人々のために開発された。

Bang & Olufsenは、デザインを改良し、ファン待望の機能を搭載したに新しいBeoplayE8 2.0を発表した。

•最高級レザーを施した充電ケースのファームウエアデザインはさらに独自に改良され、新たに搭載されたワイヤレス充電機能によって、Beoplay E8 2.0は完全なワイヤレスになった。ケースを別売りのワイヤレス充電パッドに置くだけで、BeoplayE8 2.0を充電することが可能。

•ワイヤレス充電ケースでは3回分のフル充電が行え、合計で最大16時間の再生が可能。従来モデルの合計12時間を上回り、外出先で一日中音楽を聴くのには十分だ。充電状況はケース前面のLEDランプに、ケースであと何回フル充電できるかは背面の3つのLEDランプに表示される。

•充電ケースの内側には、カラーに合わせたアルマイト加工が施されたヘアライン仕上げのアルミニウム製の美しい収納パーツが配されている。

•ワイヤレス充電ケースはUSB-Cケーブルを使用して充電することも可能。

Bang & OlufsenWireless Charging Pad(ワイヤレス充電パッド)について

BeoplayE8 2.0

Bang & Olufsenは、Beoplay E8 2.0をスタイリッシュに充電できる新しいワイヤレス充電パッドも発表。
この充電パッドはヘアライン仕上げのアルミニウムと牛革レザーという贅沢な素材で作られ、耐久性を持ちつつ時を経るにつれ美しさが増すようデザインされている。
Beoplay E8 2.0やスマートフォンの最高なパートナーとなるワイヤレス充電パッドは、通常充電(5W)と急速充電(10W)の両対応。

既にBeoplayE8をお持ちの方にもワイヤレスに充電をイヤフォン本体のサイズは同じなので、別売のE8 2.0用ワイヤレス充電ケースで、従来のBeoplayE8イヤフォンをお持ちの方でもワイヤレス充電を使用可能(別売のE8 2.0用充電ケースの発売日および希望小売価格は未定。後日情報公開)。

Bang & Olufsenシグニチャーサウンド
従来のモデル同様、新しいイヤフォンも高い評価を得ているBang & Olufsenのサウンドエンジニアによってチューニングされ、音場豊かで、高精細なサウンドを実現しており、もっと音楽を聴きたくなる。左右両方のイヤーピースに5.7mmのダイナミック型ドライバー、小型電磁型変換器、NFMI(Near Field Magnetic Induction、近距離磁気誘導)テクノロジー、そしてダイナミックなサウンドを実現するDSP、および音切れなく音楽を楽しめるBluetooth4.2無線チップが搭載されている。AndroidおよびiOS対応のBang & Olufsenアプリを使えば、自分好みにトーンを設定可能。

発売日、価格、販売店
BeoplayE8 2.0には、最高級レザーのワイヤレス充電ケース、イヤーチップ5個、UBS-C充電ケーブルが付属。イヤフォンはBlack、Indigo Blue、Natural、Limestoneの4色展開。バング&オルフセン専門店、各バング&オルフセンオンラインストア、および家電量販店にて販売。
発売日:2019年2月28日
希望小売価格:¥38,000(税込)

Bang & Olufsenワイヤレス充電パッドは、イヤフォンと同じBlack、Indigo Blue、Natural、Limestoneのカラー展開。ワイヤレス充電パッド、ワイヤレス充電ケース、
BeoplayE8 2.0イヤフォン(左右別、単体)は、2019年4月頃に発売予定。

ニュース一覧